矢上祭とは

矢上祭は、慶應義塾大学の理工学部矢上キャンパスで、毎年開催される学園祭です。
理工学部のキャンパスで行われるとあって、実験を体験できる科学館や、研究室ツアー、ロボコンといった理系ならではの企画が多数。
第21回矢上祭のテーマは「YAGAMI2020」。

第21回矢上祭は、新型コロナウイルスの影響を受けキャンパスでの開催を取りやめ、オンラインによる開催とさせていただきます。
また、開催期間は9/27(日)の1日開催といたします。

今年の矢上祭が、学術的な面にとどまらず慶應義塾大学理工学部生・大学院生を主体とした、新たな価値の創造・発信の場となることを目指しております。ぜひ、ご来場ください。

参加希望の方へ

第21回矢上祭に参加するサークル・団体を募集します。演技発表や作品展示、講演会を行い、日頃の活動の成果を披露してみませんか?

ご協賛のお願い

慶應義塾大学理工学部の矢上キャンパスでは、理工学研究の情報発信と地域住民の方々との交流を目的として、20年前より矢上祭を開催しております。

第21回となる本年度は「YAGAMI2020」というテーマのもと、地域の皆様との交流をさらに深めるとともに、慶應義塾大学理工学部の取り組みを広く発信していくことで、さらに内容の充実した学園祭を目指して準備を進めております。

つきましては、第21回矢上祭開催にあたり、是非ともご協賛賜りたく、ここにお願い申し上げる次第でございます。何卒、矢上祭開催の趣旨をご理解いただき、ご協力いただけますと幸いです。

Page Top