このページの情報は、2010年度のもので最新ではありません。最新の情報はこちらでご確認ください。
きゃもの最近のブログ記事

気球、次なるステージへ!

こんにちわ!局長1発目のブログを書きます、屋外局長のキャモです!
このブログでは、屋外企画の裏話をリポートしていきたいと思いますっ。

今日は11thからの新企画、『熱気球』企画から。

この企画はその名の通り、
実際に熱気球に乗って係留飛行を楽しんでいただける、今年の超目玉企画です!

「これからの学園祭はだけでなく、にも進出するべきだ!」
という斬新すぎる発想から生まれたロマンに満ちた企画なのですが、

やはり大きな企画には大きな試練あり!

これまでも安全面や、人員配置、グラウンド整備などの面で、学校側とも何回も綿密な打ち合わせをして、やっと実現の方向で動き出すことができるようになりました。

そして次なる試練は、気球渉外活動

気球のバスケット(搭乗者が乗るカゴ)の部分に企業さんの広告バナーを貼り、広告代をいただく交渉のことです。気球を業者さんに頼む資金を手に入れるために、大変重要な活動です。


最初は、協力して頂けそうな企業様にかたっぱしから電話をかけてアポイントをとることから始めるのですが、

屋外局員は今まで自分たちの企画を作っていくことが主な仕事だったため、企業様との交渉経験が殆ど無く、

すなわちドッキドキなわけです(笑)

しかも自分は、
『留守番電話を噛まずに話せたことが、人生で一度もない』という、
極度の電話下手なのであります←

迎えた電話かけ初日。

今後、一人で電話かけすることもあるだろうから、気球担当者は全員経験しておいたほうがいい、ということで順番にやっていくことに。

まずは渉外局長が貫禄のお手本を見せ、
続いて気球企画責任者が初めてとは思えない落ち着いた電話対応を見せます。

そしてまさかというかやはりというか、屋外局長である自分の番が回ってきてしまいました。

きょ、局員の前で無様な姿は見せられん!


プルルルル


キャモ「はぁはぁ (・・・落ち着くんだ、丁寧な日本語でしっかり話せれば大丈夫だ!)」


プルルルル


キャモ「はぁはぁ (とにかく丁寧な日本語だ。丁寧な日本語・・)」


プッ


キャモ「あ、もしもし。私慶応義塾大学矢上祭実行委員の加茂と申します」






Thank you for calling ・・・




キャモ「(て、丁寧な日本語・・・)」



グローバル化の波、恐るべし!!


というわけで、これからも奮闘は続いていきそうです(笑)

委員一同、来場者の方々に矢上祭を最高に楽しんでいただけるよう、これからも精一杯頑張っていきます!!

気球企画看板.jpg













企画看板も作成中!今年の看板大賞はどこだ!?

| コメント[0]
▲ このページの先頭へ