矢上祭三田会

矢上祭三田会は、慶應義塾大学矢上祭実行委員会の委員を経験したことのある塾員の ための三田会です。
矢上祭は理工学部矢上キャンパスの地で2000年に第一回が開催され、現在まで毎年一 回秋に開催されています。

2000年に第一回が開催されて以来、一日開催から、二日開催へと発展、それに応じ、 規模、来場者数、委員数も大きく増加しており、塾員となった委員経験者も年を追う ごとに急増しています。「同じ釜の飯を食った仲間」という言葉がありますが、大学 生活の多くの時間を矢上祭のために費やした多くの仲間たちと、卒業後も継続して塾 員同士の交流を続け、矢上祭及び慶應義塾のために貢献せんとする精神の下設立され たのがこの矢上祭三田会です。

矢上祭三田会では、この精神に則り、塾員同士の交流をはじめ、矢上祭への協力、矢 上祭実行委員等の塾生との交流及び彼らへの塾員の立場からの支援等を行っていま す。具体的には、矢上祭三田会及び矢上祭実行委員会に所属する塾員・塾生が一同に 会す懇親会の開催や、塾生のOB・OG訪問への協力支援、矢上祭への寄付支援を行って おります。

矢上祭三田会には、会長、副会長、理事、会計、監査からなる役員会が設置されてお り、矢上祭三田会の運営・事務を担当しています。役員は2年ごとに総会(現状は、 懇親会で代替)において改選されており、他の三田会と比較しても大変若い役員に よって運営されているのが特徴です。
なお、矢上祭三田会は、義塾の同窓組織である慶應連合三田会に、正規の三田会とし て登録されています。

矢上祭三田会規約

矢上祭三田会規約 2013年7月1日更新 (PDF 125 KB)